緊急事態宣言を経験して

サイン業界・インクジェット業界は下請けですので、本当に厳しい状況に置かれてしまいます。弊社も同様に耐えるしかありません。これまでの経験からして、景気が落ち込めば直ちに広告予算が削られ、景気が回復してもイベントの計画・立案が開始して初めてデザインが作成され、最後に印刷に回ってきます。概ね回復に半年かかってしまうこともあり得ます。自粛を余儀なくされる今だからこそ、次の製品を練って立案しようと考得ています。